脱毛後に経験した毛穴トラブル

脱毛後のケアの重要性

脱毛 毛穴脱毛しても毛穴は消えない

脱毛後のケアの重要性 | 脱毛後も毛穴は残る | 脱毛は通い続けた方がよい | 安心の脱毛サロンをみつける

1年前に、サロンで脱毛の施術を受けました。
理由は様々あるのですが、一番は肌をキレイに見せるためです。
行った箇所は脚と背中で、約半年間ほど掛かっていたかと思います。
施術後の感触は、上々でした。
特に脚は自分の手で何回も触ってしまうほどで、高いお金を出した甲斐もあったという感想です。
ところが数日経ったある日の夜中、その脚に強烈な痒みを感じ私は目が覚めました。
慌てて電気を点けてみると、驚くことに毛穴の一部が赤くかぶれていたのです。
急いでアイシングをして様子を見たものの、結局それからは脚が気になって一睡もできませんでした。
翌日になると痒みは引きましたが、赤みはずっと残ったままで落ち込んだのを覚えています。
そしてこの症状をサロンに問い合わせたところ、それは毛穴の炎症なので保湿などのアフターケアをしてくださいとのことでした。
恐らくは、脱毛の成果が嬉しくて何度も触ってしまったのも良くなかったのでしょう。
肌が敏感になっていることを考慮せず、無知のまま刺激していたのが原因だったのかもしれません。
この日以降、私はせっせと脚の保湿を始めました。
主に使っていたのはボディローションで、毛穴に浸透していくよう念入りにすり込みます。
保湿をすると肌そのものもクリアになるような気がして、とても気分が上がりました。
日焼け止めも念のため使い、極力肌を刺激から守る生活です。
季節は冬でしたし、しかも脚に日焼け止めというのは不思議な感覚でした。
ただ脱毛後の肌は、衣類の摩擦や静電気でも荒れてしまいます。
そのため僅かでも効果があるのであればと、惜しまず塗っていました。
こうして2週間ほどケアを続けた結果、見事に悩んでいた赤みが引いてくれたのです。
滑らかさだけではなく潤いも手に入れることができ、結果的には怪我の功名のように感じました。
肌をキレイに見せたくて脱毛をしたのに、そのせいで肌が荒れていては本末転倒でしょう。
これから施術を受けようとしている人には、是非アフターケアに関する正しい知識も持っておいてほしいです。